FUJI SAFARI PARK 富士サファリパーク twitter facebook facebook facebook instagram instagram line youtube youtube google link mark print ! トップへ戻る TOP

MENU

HIMALAYAN BLACK BEAR ヒマラヤグマ

ABOUT

別名「ツキノワグマ」とも言い、胸部にある三日月型(V字模様)の白い模様が特徴。東南アジアだけでなく日本の森林にも生息し、ニホンツキノワグマはヒマラヤグマの亜種にあたります。

ANIMAL FACTS

雑食性で草、果実などの他、昆虫や小動物を食べることがありますが、一番好きなのは甘いものと言われています。野生のクマはハチの巣を襲って、中のハチミツを食べることもあります。

学名 Selenarctos thibetanus
分類 食肉目 クマ科
分布 ネパール、中国、朝鮮、タイなど
生息地 山地の森林地帯
体長 1.3~1.7m
体重 90~120kg

生息地MAP

生息地MAP

園内ミニマップ

園内ミニマップ

ヒマラヤグマが見られる
ツアー・イベント

ジャングルバス スーパージャングルバス