FUJI SAFARI PARK 富士サファリパーク twitter facebook facebook facebook instagram instagram line youtube youtube google link mark print ! トップへ戻る TOP

MENU

富士サファリパークの
安全への取り組み

  • 衛生的な
    環境
  • 園内スタッフの
    マスク着用
  • 定期的な
    アルコール消毒
  • ソーシャル
    ディスタンス
  • 屋内施設の
    換気実施
  • 詳しくは
    こちら
緊急のお知らせ
 7月1日(水)は、天候等により入園受付開始が遅れる可能性がありますので、ご了承ください。

NEWS新着情報

  • ALL
  • キャンペーン
  • イベント
  • 赤ちゃん情報
  • お知らせ

ANIMAL動物紹介

アムールトラ

Amur Tiger

中国北部からロシアにかけて生息し、トラの中では最も大きい種類。生息地環境の悪化や密猟により頭数が減少し、野生下での生息数は500頭ほどと言われています。

ライオン

Lion

ネコ科では珍しく群れをつくって生活する動物。通常、1~3頭のオスと十数頭のメス、子どもで「プライド」という群れを形成していますが、若いオスは群れに属さず、単独で生活します。

シロサイ

White Rhinoceros

現存する5種類のサイの内、最も体が大きく、体重は1.5t~2tにもなります。視覚が弱く、30mほど先の物はよく見えていないが、すぐれた嗅覚と聴覚を持っています。

キリン

Giraffe

陸上で最も背の高い野生動物で、メスで4m、オスになると5mを超えることもあります。また、舌の長さが40cmほどもあり、巻き取るようにして樹木の葉だけを食べます。

レッサーパンダ

Red Panda

標高1,500~4,000mの森林や竹林に生息し、笹や果物などを主食としますが、昆虫や小動物を食べることもあります。手のひらに指状の突起があり、食べ物を手に持ったり、木登りが得意です。

アムールトラ
ライオン
シロサイ
キリン
レッサーパンダ
  • スーパージャングルバス
  • ACCESS
  • WEATHER
  • My SAFARI登録
  • 富士サファリパークギフト券
  • ジャングルバス
  • アドベンチャーツアー
  • 赤ちゃん誕生
  • サファリダービー
  • どうぶつ体験ガイドツアー
  • ミーアキャット特別体験
  • どうぶつ壁紙