FUJI SAFARI PARK 富士サファリパーク twitter facebook facebook facebook instagram instagram line youtube youtube google link mark print ! トップへ戻る TOP
SAFARI
TOUR
9:00~16:30 English

ANIMAL動物紹介

  • アムールトラ

    Amur Tiger

    中国北部からロシアにかけて生息し、トラの中では最も大きい種類。生息地環境の悪化や密猟により頭数が減少し、野生下での生息数は500頭ほどと言われています。

  • ライオン

    Lion

    ネコ科では珍しく群れをつくって生活する動物。通常、1~3頭のオスと十数頭のメス、子どもで「プライド」という群れを形成しているが、若いオスは群れに属することができず、単独で生活する。

  • アジアゾウ

    Asian Elephant

    インド、ネパール、タイ、ラオスなど、東南アジアの森林地帯に生息している。大きな体を維持するため、大量のエサを必要し、時には対岸のエサを求めて川を泳いで渡ることがある。
    ※水中のゾウは6月中旬~9月にご覧いただけます。

  • キリン

    Giraffe

    陸上で最も背の高い野生動物で、体の模様が”網の目”のように見えることから名付けられた。舌の長さが40cmほどあり、樹木の葉を巻き取るようにして食べる。

  • レッサーパンダ

    Lesser Panda

    標高1500~4000mの森林や竹林に生息し、笹や竹の子、果実などを主食とするが、昆虫や小動物を食べることもある。手のひらに指状の突起があり、食物を手に持って口に運んだり、木登りが得意。

  • アムールトラ

    Amur Tiger

    中国北部からロシアにかけて生息し、トラの中では最も大きい種類。生息地環境の悪化や密猟により頭数が減少し、野生下での生息数は500頭ほどと言われています。

  • ライオン

    Lion

    ネコ科では珍しく群れをつくって生活する動物。通常、1~3頭のオスと十数頭のメス、子どもで「プライド」という群れを形成しているが、若いオスは群れに属することができず、単独で生活する。

  • アジアゾウ

    Asian Elephant

    インド、ネパール、タイ、ラオスなど、東南アジアの森林地帯に生息している。大きな体を維持するため、大量のエサを必要し、時には対岸のエサを求めて川を泳いで渡ることがある。
    ※水中のゾウは6月中旬~9月にご覧いただけます。

  • キリン

    Giraffe

    陸上で最も背の高い野生動物で、体の模様が”網の目”のように見えることから名付けられた。舌の長さが40cmほどあり、樹木の葉を巻き取るようにして食べる。

  • レッサーパンダ

    Lesser Panda

    標高1500~4000mの森林や竹林に生息し、笹や竹の子、果実などを主食とするが、昆虫や小動物を食べることもある。手のひらに指状の突起があり、食物を手に持って口に運んだり、木登りが得意。

  • 【予約】スーパージャングルバス
  • アクセス
  • 富士サファリパーク周辺の天気
  • 【年会費・入会費不要】富士サファリパーク新規入会
  • 富士サファリパークギフト券
  • 【会員限定・予約】ジャングルバス
  • 【予約】アドベンチャーツアー
  • 【当日受付】ふれあいイベント開催中!
  • 【当日受付】ナビゲーションカー
  • 【予約】限定エサあげ体験ガイドツアー
  • 限定イベント