FUJI SAFARI PARK 富士サファリパーク twitter facebook facebook facebook instagram instagram line youtube youtube google link mark print ! トップへ戻る TOP

MENU

HIPPOPOTAMUS カバ

ABOUT

赤道付近に生息し、10~20頭のメスと子どもからなる群れをつくって生活しています。昼間は水中で過ごすことが多く、夜になると陸地に上がって草などを食べています。

ANIMAL FACTS

とても皮膚がデリケートで、日光でやけどをしたり、乾燥で裂けてしまうことがあるため、体から“赤色の液体”を分泌。この液体には日焼け止めの他、保湿・殺菌などの成分が含まれ、皮膚を守っています。

学名 Hippopotamus amphibius
分類 偶蹄目 カバ科
分布 アフリカ(赤道付近)
生息地 水辺
体長 3.5~4.0m
体重 1.2~3.5t

生息地MAP

生息地MAP

園内ミニマップ

園内ミニマップ