アフリカゾウとアジアゾウの比較

富士サファリパークでは、アフリカゾウとアジアゾウを飼育しています。この2種類のゾウの違いをご紹介いたします。
どちらのゾウも、ゾウゾーンでご覧いただくことができますので、是非、実際に見て違いを確認してみてください。

アフリカゾウ
アフリカゾウ大きい三角形
アジアゾウ
アジアゾウ小さい四角形

鼻先

アフリカゾウ
アフリカゾウ上下に突起
アジアゾウ
アジアゾウ上だけに突起

頭のかたち

アフリカゾウ
アフリカゾウ平ら
アジアゾウ
アジアゾウ2つの山がある

蹄(ひづめ)

アフリカゾウ
アフリカゾウ前あし4つ、後あし3つ
アジアゾウ
アジアゾウ前あし5つ、後あし4つ

背中

アフリカゾウ
アフリカゾウ肩と腰が盛り上がり、背中がくぼんでいる
アジアゾウ
アジアゾウまるい

アフリカゾウ
アフリカゾウ

オスもメスも、前方にカーブした牙をもつ。オスでは3m以上にもなる。
※写真は、オスのアフリカゾウ(当園の飼育個体ではありません。)

アジアゾウ
アジアゾウ

短い。メスにはないこともある。
※写真は、オスのアジアゾウ。

アフリカゾウ
アフリカゾウ細かい毛が全体的に生えている
アジアゾウ
アジアゾウ全体的に毛深い